エレベーターの点検をして住人の安全を確保しよう

マンション
作業員

マンションメンテナンス

マンションのメンテナンス、特に、エレベーターの点検費用に関しては、不透明な部分が多いとされています。そのため、一度エレベーターの点検費用を明確にし、それが妥当であるのか検討してみる必要があるかもしれません。

集合住宅

安全を守るための検査

エレベーターは便利ですが、故障すると人命に関わる大事故につながりますので、きちんと保守点検をする必要があります、基本的に月に1回ほど点検する必要があり、専門の技術者が行います。点検を怠ると、危険が増すだけでなく、部品の劣化も早くなります。

エレベーター

業者の見直しも視野に

エレベーターは、月1回程度の保守点検、年1回の法定検査を受ける必要があります。エレベーターのメンテナンスは、住民の安全を守るために重要ですから、信頼できる業者との契約が必要です。なお、業者にはメーカー系と独立系があり、正確さではメーカー系、コスト削減では独立系が有利です。しっかり、確認しましょう。

住民が安心できるために

エレベーター

2種類の契約方法

エレベーターの点検にはフルメンテナンス契約とPOG契約という2種類があります。エレベーターのフルメンテナンス契約は点検など全て業者におまかせするというもので、手間はかかりませんが契約料金は割高という面があります。エレベーターのPOG契約は定期点検や消耗品以外の部品などをその都度請求するという内容になります。契約料金は安くすみますが、まれに費用が予算内に収まらない場合もあります。マンションのエレベーター点検の契約時にはどちらがいいのか迷うと思いますが、良心的なコンサルタントの助言を受けながら自分でも点検知識を学んでいく意慾がある場合は、POG契約のほうがお得といえるでしょう。築年数が10年以上の場合は部品交換が多く見込まれるため、そのような場合はどちらが適しているのかよく検討するようにしましょう。

マンション管理に必要な事

マンション管理を行う上でエレベーター点検は欠かすことのできない項目です。エレベーターの所有者は建築基準法に基づき、定期点検を年1回は必ず実施しその結果を特定行政庁に報告しなければいけません。検査終了後には定期検査報告済証が発行され、エレベーター内の目に付きやすい場所に貼るため、第三者が見て定期的に点検をきちんと行っているか判断しやすいものでもあります。このほかに、安全に使用できるため専門の業者が付き1回程度の頻度で確認し、不良箇所を発見したらすぐに調整するようにしています。エレベーターはマンションで生活する住民にとって欠かすことのできない足のような存在であるため、マンション管理をする上できちんと定期的に管理することが所有者に求められます。