エレベーターの点検をして住人の安全を確保しよう

作業員

業者の見直しも視野に

エレベーター

信頼できる業者を

マンションのメンテナンスの中でも、最も重要な課題の1つと言えるのがエレベーターのメンテナンスです。建築基準法上、エレベーターは「常時適法な状態に維持するよう努めなければならない」とされており、月1回程度の点検や整備、補修が求められています。また、1年に1回は法定検査を行わなければならず、建築士などの専門家による詳細な検査を受けなければなりません。このようなルールから、エレベーターを設置しているマンションにおいては、専門業者とのメンテナンス契約を結ぶこととなります。なお、エレベーターは、定期的に正しい保守点検を受けることで、住民の安全を守ることができますから、信頼できる業者を選ばなければなりません。したがって、評判が良く、真面目なメンテナンス業者が人気となりますから、しっかり情報収集を行いましょう。

メーカー系と独立系

エレベーターのメンテナンス会社には、メーカーに属するメーカー系会社と、属さない独立系の会社の2つの選択肢があります。そして、メーカー系の会社は、自社、あるいは自社系列のエレベーターをメンテナンスすることになりますから、正確な保守点検を期待できるメリットがあります。一方で、独立系はどのメーカーにも属していないため、多種多様のエレベーターに対応できるメリットがあります。また、料金的にも独立系の方が安いというのが一般的です。このように、安心感とより確かなメンテナンスを依頼するのであれば、メーカー系の会社を、料金を抑えたい場合には、独立系を選択するのが一般的です。これまでメーカーに全て任せていたという場合には、独立系の会社をチェックしてみても良いでしょう。信頼できる独立系会社もたくさん見られます。