エレベーターの点検をして住人の安全を確保しよう

作業員

マンションメンテナンス

作業員

保守に関する費用

エレベーターの点検に関して、建築基準法に、その有資格者が年に一度点検を行うことを明記した項目があります。しかし、実際にエレベーターの管理会社との契約では、月に一度など、それよりもかなり多い頻度で点検が行われています。また、それ以外にも、定期的に遠隔操作によって、夜間のエレベーターの利用者が少ない時間帯に、正常に作動しているかなど基本的な検査も行われている場合が多くあります。管理会社との契約によりますが、フルメンテナンスで契約している場合、その定期点検も費用に含まれている可能性が高く、そのためエレベーターの保守点検費用という名目で、共益費が徴収されています。

その頻度の妥当性

では、年に一度の定期点検で良いとされているにも関わらず、それほどの頻度でエレベーターの点検が行われていることは妥当なのでしょうか。故障や不調の程度が素人目にはわかりにくいものであり、管理会社の言うがままという部分もあるかもしれません。そのエレベーターの点検や、パーツの交換に関してそれぞれいくらかかっているのかもわからない状態であれば、一度確認をとってみる必要があるでしょう。その都度マンションの管理組合で話し合いが発生する可能性もありますが、エレベーターの保守点検費が改善される可能性があります。優良な業者であれば、発生している費用に関して内訳を分かりやすく知らせてくれるでしょう。また、そういった業者の場合は、点検が必要となる際に質の高い修理サービスを提供してくれるのです。明朗会計である業者は比較的信頼できると言えるでしょう。